東家工青年部12月定例会に参加してきました 

みなさん、こんにちは!
東京都家具工業組合青年部様の12月定例会に参加させて頂きました。

今回の定例会は、東京都家具工業組合の新メンバーでもあるドゥーマンズ株式会社 二宮健一社長による講演です。
テーマは「オーダー家具提案製造ソフト 今後の展開と家具業界における可能性」
「家具の設計ルールをデジタル化する」という非常に興味深く画期的な内容でした。

ドゥーマンズさん開発の「オーダー家具製造ソフト」ではクラウド上に基本データー(設計ルール)を登録し、その登録したユニットを組み合わせ、色や素材、寸法を自由に指定することが出来ます。その完成した家具データーにより、正確な見積もり積算、図面作成、家具の完成形の3D画像、そして工場の製造データーなどに瞬時に自動生成でき、それにより従来の煩雑な業務が省かれ、スピード、低価格でのオーダー家具の製作を可能にしました。

高級家具でもなく、量産家具でもなく、自分が本当に欲しいと思うオーダー家具をもっと身近に、「お客様の買える価格で、欲しい物を提供する」新市場の開拓を、という二宮社長の言葉が印象的でした。

便利さは理解できるけれど、家具工場の技術をクラウドにあげる、ということはなかなか安易なことではないような・・・。
このシステムを取り入れるにしろ、しないにしろ、新しい時代の流れを知っていく、というのは大切。
より深く理解しようと、司会者を押しのけての激しい?質疑応答タイムとなりました。

東京都家具工業組合・埼玉県家具工業組合そして、足立家具工業会、総勢30名が参加の大盛況な定例会でした。

余談ですが・・・、もともとは他業種で活躍されていた二宮社長。ご自身が玄関収納家具を探していたときの困った経験からオーダー家具のシステム開発の考えがうまれたそうです。他業種の方から気づかされること、学ぶことは多いと感じました。

 これからも埼家工組合へ応援をよろしくお願いいたします。

ブログランキングに参加しています。
ポチッ!としていただけたら励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ

にほんブログ村